トピックス

佐伯商工会お知らせ

最新!2019年版のはつかいちフルーツMAPができました

2019年1月23日佐伯商工会お知らせ

昨年、初めて作成した『はつかいちフルーツMAP』が大好評だったことを受け、フルーツ街道廿日市委員会では2019年版フルーツMAPの作成に取り掛かりました。

このMAPは廿日市市旧佐伯町に在る7つのフルーツ農園が“広島都心部から近い果物狩り”をテーマに、それぞれが意見を出し合い作成したものです。

MAPには、各農園の開園期間や料金、連絡先等と併せてなどに加え、生産しているフルーツの品種等の情報も掲載されています。

MAPに掲載されている農園はそれぞれ、いちご、梨、ぶどう、ブルーベリー、プラム、栗をフルーツ狩りや直売で提供しています。

廿日市市宮内交差点より30分~40分で各農園へアクセスできますので、はつかいちのフレッシュなおいしいを食べつくしてください!

2019年版の『はつかいちフルーツMAP』は2月より各農園及び廿日市市内の公共施設等に設置する予定としております。

MAPのダウンロードはこちらからできます

 

平成29年度補正予算(平成30年実施)小規模事業者持続化補助金の公募のお知らせ

2018年3月20日佐伯商工会お知らせ

平成29年度補正(平成30年実施)小規模事業者持続化補助金の公募が始まっております。
この事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み(新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等と併せて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
小規模事業者(注1、注2)が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注3、注4、注5)。
(注1)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
(注2)商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。
(注3)補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。
同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助金額となります。
また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。
(注4)以下の場合は、補助上限額が100万円に引き上がります。
①従業員の賃金を引き上げる取り組み
②買い物弱者対策の取り組み
③海外展開の取り組み
(注5)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。

1.受付開始:平成30年3月9日(金)
2.受付締切:平成30年5月18日(金) 締切日当日消印有効
※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会にご相談ください。
3.応募方法:応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。
4.公募要領等(様式ダウンロード)
公募要領(PDF)
申請書様式(Word)

佐伯商工会の無料専門家派遣制度“ただコン”のご案内

2017年8月10日佐伯商工会お知らせ

事業計画の作成や、計画作成後の実施支援、商品開発や販路開拓等、佐伯商工会では儲けるための支援を実施しております

特に、専門的な知識を必要とする場合や、誰に相談したらいいかわからないなどのお悩みを一発解決します

佐伯商工会が悩みにぴったりの専門家を無料で派遣する制度、その名も「ただコン」

先ずはお気軽にご連絡ください

佐伯商工会の経営指導員が皆様の所にお伺いし、どんな支援が必要なのかを皆様と一緒に考えます!

お問合せ:佐伯商工会
電話:0829-72-0690
FAX:0829-40-1010
メールの場合はsaiki@hint.or.jp

 

平成29年実施分の小規模事業者持続化補助金の公募が開始されました

2017年4月20日佐伯商工会お知らせ

この事業は、小規模事業者を対象に、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、地道な販路開拓(新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)の取り組みや地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

また、今回の募集においては、小規模事業者の事業承継に向けた早期・計画的な取組を後押しするため、代表者が60歳以上である場合には以下の「事業承継診断票」を提出していただくとともに、後継者候補が中心となって取り組む事業を重点的に支援します。

募集期間:平成29年4月14日~5月31日
対象者:小規模事業者
補助率:補助対象経費の3分の2以内
補助上限額:50万円又は500万円(複数の事業者が連携した共同事業)
お問合せ:佐伯商工会 ☎0829-72-0690

詳細および申請様式等についてはコチラをご覧ください

サービス等生産性向上IT導入支援事業の募集のお知らせ

2017年4月4日佐伯商工会お知らせ

この事業は、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」を設定した上で、ITツールのサービスを導入しようとする事業者に対して、その経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者の経営力向上を図るものです。

【補助対象事業者】  中小企業・小規模事業者

【補助対象事業】   日本国名で実施される事業で、IT導入支援事業者が登録するITツールを導入する事業であること

【補助率及び補助金額】  対象経費の2/3以内で補助上限額は100万円、下限額は20万円

【事業実施期間】   交付決定日以~平成29年9月29日まで

【募集期間】     平成29年3月31日~6月30日17時まで

応募を希望される事業者は佐伯商工会までご連絡ください
℡ 0829-72-0690

IT補助金リーフレットはコチラからダウンロードしてください

平成28年度第2次補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」の公募開始!!

2016年11月7日佐伯商工会お知らせ

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助する「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。

補助対象者は、製造業、その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

公募期間は平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金)【締切日当日消印有効】
※取り組む事業により公募期間が異なります。上記の期間は一般型の公募期間となります。詳しくは商工会へお問合せいただくか、中小企業庁又は全国商工会連合会のホームページにて確認してください。

お問合せ:佐伯商工会 ☎0829-72-0690

中小企業庁のホームページはコチラから
全国商工会連合会のホームページはコチラから

 

平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募について

2016年2月29日佐伯商工会お知らせ

平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募が下記の通り開始されました。

本事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
小規模事業者(注1)が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注2、注3)。

(注1)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業
として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

(注2)補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助
します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3
の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。

(注3)以下の場合は、補助上限額が100万円に引き上がります。
①雇用を増加させる取り組み
②買い物弱者対策の取り組み
③海外展開の取り組み

(注4)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。

(注5)商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。

1.受付開始
平成28年2月26日(金)

2.受付締切
平成28年5月13日(金)締切日当日消印有効

※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会にご相談ください。

3.申請書提出先・問い合わせ先:佐伯商工会

4.応募方法:応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。

5.公募要領:以下よりダウンロードするか商工会までお問合せください。
平成27年度補正・小規模事業者持続化補助金 公募要領

6.申請書様式:メールで送信いたしますので商工会へご連絡ください。

7.お問合せ先:佐伯商工会 電話(0829)72-0690

個人事業者の決算・確定申告個別相談日のお知らせ

2016年2月4日佐伯商工会お知らせ

毎年、実施しております個人事業者の決算・確定申告に係る個別相談日を下記の通り開催いたします。
相談を希望される場合は、佐伯商工会までご連絡ください。
なお、申し込み順の受付とさせていただきますので、ご希望の時間の予約が叶わない場合もございますのでご了承ください。

○佐伯地域
開催場所:佐伯商工会会議室
相談時間:午前10時~12時まで 午後13時~16時まで(一事業所1時間までの予約となります)
相談料:無料(商工会員のみ)
スケジュール
2月26日 河本雅志税理士
3月2日  伊豆彰夫税理士
3月7日  河本雅志税理士

○吉和地域
開催場所:廿日市市吉和支所2階
談時間:午前10時~12時まで 午後13時~16時まで(一事業所1時間までの予約となります)
相談料:無料(商工会員のみ)
スケジュール
2月23日 清岡和則税理士
3月10日 清岡和則税理士

相談に必要な物
税務署から送られてくる資料一式又はハガキ、控除証明書等、昨年の決算申告資料等

予約受付・お問合せは佐伯商工会まで
電話0829-72-0690

マイナンバー制度を悪用した不審電話にご注意!!

2015年10月7日佐伯商工会お知らせ

引き続きマイナンバー関連の記事です。

10月5日から、各個人あてにマイナンバーの通知が始まっています。まだ2日しか経っていませんので「もう届いた」という方がおられるのかどうか分かりませんが、もう既に、マイナンバー制度を悪用した不審な電話が横行しているようです。
手口として、消費生活センターなどを名乗って「あなたの個人情報がもれている、直ちにこれを削除するための手続きが必要!」などと不安感をあおり、お金を振り込ませようというものが報告されています。

マイナンバー制度に関連して「お金を振り込ませる」ことはあり得ません。このような電話がありましたら「相手の連絡先を聞いて」一旦電話を置き、警察に相談しましょう。


PAGE TOP