トピックス

佐伯商工会お知らせ

平成28年度第2次補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」の公募開始!!

2016年11月7日佐伯商工会お知らせ

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が商工会の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助する「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。

補助対象者は、製造業、その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

公募期間は平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金)【締切日当日消印有効】
※取り組む事業により公募期間が異なります。上記の期間は一般型の公募期間となります。詳しくは商工会へお問合せいただくか、中小企業庁又は全国商工会連合会のホームページにて確認してください。

お問合せ:佐伯商工会 ☎0829-72-0690

中小企業庁のホームページはコチラから
全国商工会連合会のホームページはコチラから

 

平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募について

2016年2月29日佐伯商工会お知らせ

平成27年度補正(平成28年実施)小規模事業者持続化補助金の公募が下記の通り開始されました。

本事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
小規模事業者(注1)が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注2、注3)。

(注1)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業
として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

(注2)補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助
します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3
の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。

(注3)以下の場合は、補助上限額が100万円に引き上がります。
①雇用を増加させる取り組み
②買い物弱者対策の取り組み
③海外展開の取り組み

(注4)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数により異なります)。

(注5)商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。

1.受付開始
平成28年2月26日(金)

2.受付締切
平成28年5月13日(金)締切日当日消印有効

※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会にご相談ください。

3.申請書提出先・問い合わせ先:佐伯商工会

4.応募方法:応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。

5.公募要領:以下よりダウンロードするか商工会までお問合せください。
平成27年度補正・小規模事業者持続化補助金 公募要領

6.申請書様式:メールで送信いたしますので商工会へご連絡ください。

7.お問合せ先:佐伯商工会 電話(0829)72-0690

個人事業者の決算・確定申告個別相談日のお知らせ

2016年2月4日佐伯商工会お知らせ

毎年、実施しております個人事業者の決算・確定申告に係る個別相談日を下記の通り開催いたします。
相談を希望される場合は、佐伯商工会までご連絡ください。
なお、申し込み順の受付とさせていただきますので、ご希望の時間の予約が叶わない場合もございますのでご了承ください。

○佐伯地域
開催場所:佐伯商工会会議室
相談時間:午前10時~12時まで 午後13時~16時まで(一事業所1時間までの予約となります)
相談料:無料(商工会員のみ)
スケジュール
2月26日 河本雅志税理士
3月2日  伊豆彰夫税理士
3月7日  河本雅志税理士

○吉和地域
開催場所:廿日市市吉和支所2階
談時間:午前10時~12時まで 午後13時~16時まで(一事業所1時間までの予約となります)
相談料:無料(商工会員のみ)
スケジュール
2月23日 清岡和則税理士
3月10日 清岡和則税理士

相談に必要な物
税務署から送られてくる資料一式又はハガキ、控除証明書等、昨年の決算申告資料等

予約受付・お問合せは佐伯商工会まで
電話0829-72-0690

マイナンバー制度を悪用した不審電話にご注意!!

2015年10月7日佐伯商工会お知らせ

引き続きマイナンバー関連の記事です。

10月5日から、各個人あてにマイナンバーの通知が始まっています。まだ2日しか経っていませんので「もう届いた」という方がおられるのかどうか分かりませんが、もう既に、マイナンバー制度を悪用した不審な電話が横行しているようです。
手口として、消費生活センターなどを名乗って「あなたの個人情報がもれている、直ちにこれを削除するための手続きが必要!」などと不安感をあおり、お金を振り込ませようというものが報告されています。

マイナンバー制度に関連して「お金を振り込ませる」ことはあり得ません。このような電話がありましたら「相手の連絡先を聞いて」一旦電話を置き、警察に相談しましょう。

はつかいちプレミアム付き商品券取扱店募集開始!!

2015年5月15日佐伯商工会お知らせ

廿日市市では8月(予定)~11月まで使用できるプレミアム付き商品券が発行されます

これに伴い、商品券取扱店(商品券で買い物等ができる)の募集が本日5月15日より開始されました。
登録期間は商品券の使用期限と同様11月末までですが、5月中に登録をされると、7月1日発行の専用冊子に一覧掲載されますので、お早めにお申し込みください
お問合せは、廿日市市内の各経済団体へ
佐伯商工会管内の事業者は佐伯商工会(℡72-0690)までお問い合わせください

20150515112113825_0001[1]

小規模事業者持続化補助金公募のお知らせ

2015年3月2日佐伯商工会お知らせ

平成27年実施の小規模事業者持続化補助金の公募が始まりました。
事業の概要は、小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)の支援や今回から複数の事業者が連携した共同事業を支援対象に加え、事業者数に応じて補助上限額を引き上げるとともに、雇用の増加や従業員の処遇改善の取り組みや、移動販売などによる買い物弱者対策に取り組む事業についても補助上限額を引き上げ、より重点的に支援されます。

詳細は中小企業庁のホームページにアクセスして内容をご確認ください。

商工会関係者は、中小企業庁のホームページの最下段の全国商工会連合会にアクセスし、公募要領や様式をダウンロードしてください。
日本商工会議所の様式とは異なりますのでご注意ください。

タブレット、スマートホンを活用した商工会員向け実証実験の開始について

2014年10月27日佐伯商工会お知らせ

広島県商工会連合会では、タブレット端末、もしくはスマートホンをお持ちの商工会員のみなさまを対象に、経営支援に関する情報、国・県・市町の行政情報、補助金や助成制度などの施策情報、日本政策金融公庫の主要金利情報、商工会の研修会やイベントなどの情報をお手持ちのタブレット、もしくはスマートホンにお届けするというもので、11月から約3か月間実証実験が行われ、佐伯商工会でも実証実験に参加する会員事業者を募集いたしております。
具体的には、お手持ちのタブレット端末やスマートホンに『プッシュ通知型情報配信アプリ』をインストールしていただくことで、商工会員のみなさまにお役に立つ情報をタイムリーにお届けすることができます。また、講演会、研修会、会議、イベント等の出欠通知などもアプリ上から回答が出来るようになります。

参加条件は以下の通りです
1:実証実験環境:Android Ver4.2以上のタブレットまたはスマートホンを所有しています。
2:情報受信方法:貴会が指定するアプリケーションを所有するタブレットまたはスマートホンにダウンロード、インストールして情報を受信します。
3:モニタリング条件:貴会から提供される情報のうち、回答を求められたものについて応じます。
4:個人情報使用の同意:端末の番号、メールアドレス、端末情報の提供、利用を承諾します。(※端末情報とは端末の登録番号です。アプリインストール後に確認させていただきます。)
5:通信費用:情報受信のための端末の通信費は自己負担いたします。
受け取りたい情報(                                )

実証実験に参加を希望される会員の皆様は佐伯商工会までお問い合わせください。
電話:0829-72-0690 担当:岩本・山崎

【イメージ図】
広域振興実証実験参加会員募集文書(1)[1]

中本造林㈱を企業訪問

2014年9月26日佐伯商工会お知らせ

P1030345[1]

P1030377[1]
佐伯商工会では、地区内企業の技術力、販売力、知財等でそれぞれの強みを持つ企業を訪問し、工場視察や企業経営者の経営理念、産業界の情報交換を行い、企業間の連携の推進を図ることを目的に企業訪問事業を実施してます。今年度は、9月18日に正副会長を始め17名が、中本造林㈱本社工場を訪問しました。
当日は、金井常務取締役から企業概要の説明を受け、杉の原木から「焼き杉材」の製品になる工程を見学しました。見学後、意見交換が行われ、参加者から色々な質問が出されるなど有意義な意見交換会であった。

津和野街道の「悪谷」(あくたに)に東屋が完成

2014年4月21日佐伯商工会お知らせ

DSC_0171[1]

津和野街道の「悪谷」(あくたに)に東屋が完成

津和野街道は現在島根県津和野町と、広島県廿日市市を結び津和野藩参勤交代の古道です。津和野街道は津和野藩参勤交代の他、和紙や穀類などの物資の 運送や、厳島神社(宮島町)、太鼓谷稲荷神社(津和野町)への参拝の道としても利用されていました。沿線には文化財に指定された神楽や伝説、神話が 残る歴史的にも貴重な道です。 この歴史的遺産である津和野街道を整備し観光資源として価値を高め、観光による地域活性化を図ることを目的に、津和野街道を散策される方々の休憩場 所となる「悪谷」に東屋が設置されました。


PAGE TOP