トピックス

佐伯商工会トピックス

小規模事業者持続化補助金の公募が始まっています

2014年3月6日佐伯商工会トピックス

販路開拓に取り組む費用の3分の2(上限50万円)の補助を受けることが出来るものです
使用使途は幅広く、広告宣伝費や店舗改装費等です
補助金を受けるためには経営計画等の計画書を提出しなくてはいけませんので、興味をお持ちの方は佐伯商工会までお問い合わせください
また、計画書作成の簡単な説明会も開催する予定にしております

制度の詳しい内容は下記をご参照ください↓↓↓
小規模事業者持続化補助金_第1次公募要領

佐伯醤油有限会社

2014年3月6日佐伯商工会産業人材
saiki_shoyu

阿須賀謙治さん

DATA

住所: 廿日市市津田2731
TEL: 0829-72-0302
http://www.saiki-syouyu.com

■懐かしいにぎわいの風景

佐伯醤油は、大正13年に「阿須賀醤油」として創業。昭和17年に「佐伯醤油」として会社を設立した。
子どもの頃、商工会長だった父がフラワーシールを始めた。抽選会などでにぎわっていた通りの様子が、懐かしく思い出される。道沿いにさまざまな商店が並び、日用品の買い物もすべて地元で済ますことができた。
高度経済成長後、そのにぎわいが急速に低下した印象がある。近年では、複数の大手スーパーの出店や酒類の規制緩和など地元商店の衰退、小売店舗の廃業が進むきっかけとなっていった。
 
 

■大切にしたい佐伯・吉和の気質

店に残る古い写真を眺めたり、資料を探したりしながら、最近考えるのは「佐伯・吉和の気質」のこと。
歴史をたどると、この地域には戦国時代の城址や、長州征伐の古戦場などがいくつもある。津田には紙すき職人が多く、津和野街道を移動していた職人や町人との交流があったのだろう。
玖島から吉和に抜ける道にある大虫集落。今はトライアスロンコースとなっているが、かつて遊郭もあったという所山。明治から大正時代に栄えた八田家があった玖島。
興味をひかれる身近な場所が沢山ある。地元の人もほとんど知らない、ちょっとした歴史を知るだけでも楽しいと思える。
そこにあったものを知ることだけでも、地域づくりや地域おこしにつながる。今、地域の歴史が作った「佐伯・吉和の気質」を掘り起こして、大事にすることが必要だと考えている。
 
 

■人の気持ちと“かかし”が結びつく場を

地域で広がりつつあるかかしづくり。例えば、各家庭から持ち寄った昔の写真や、古い生活用具と組み合わせた展示は考えられないか。“かかし”を地域の歴史や人の記憶と結びつけることで、もっと人の気持ちを動かせるのではないかと感じる。また、写真展をすることで、家にある古い写真を探してみようと思わせるような、地域の人の動きをつくるしかけも欲しいところだ。
かかしに込める意味やメッセージに、一本筋の通った統一感を作り出し、作り手だけでなく、見る人の気持ちと“かかし”が結びつく場づくりに期待を込める。

平成25年度 にぎわいづくり講演会

2014年3月3日佐伯商工会トピックス

338[1]

347[1]

356[1]

2月20日、玖島市民センターにて「平成25年度 にぎわいづくり講演会」を開催致しました。内容は、第一部「地域資源をいかしたにぎわいづくりとビジネス創出」という演題で㈱シーズ総合政策研究所の今若様の講演、第2部は「玖島地域をモデルに考えてみる」というテーマでのパネルディスカッションを致しました。

平成25年度 第2回 廿日市市産業連関強化塾

2014年2月14日佐伯商工会トピックス

産業連関強化塾
平成26年2月13日、廿日市市商工保健会館にて「平成25年度 第2回 廿日市市産業連関強化塾」が開催され、約40名の事業者が参加されるなかで、大長なすの生産者の阿部さん、トラットリアルッツオの有田さん、佐伯商工会の山崎さんが、羅漢峡アート&カフェプロジェクトについての発表をされました。

羅漢峡アート&カフェのエリアマップができました

2014年2月4日佐伯商工会トピックス

佐伯商工会では、平成25年度

地域資源活用型飲食店活性化支援事業に取り組んでいます

取り組みの内容は

廿日市市の旧佐伯町から旧吉和村を結ぶ沿線にある羅漢峡地域のオシャレなお店が

地域の農産品を活用した新たなメニューを開発しています

昨年秋には佐伯名産の大長ナスを使ったレシピを開発しました

そして今回はエリアマップが完成しました

マップ[1]

 

また、地域を紹介するホームページも作成しました。マップはそこからダウンロードできますのでドライブがてら是非お越しください

URLはhttp://rakankyo.com/

 

友和小学校で租税教室

2014年1月30日佐伯商工会トピックス

P1020376[1]

平成26年1月29日(水)1月22日に引き続き佐伯商工会管内の友和小学校の6年生を対象に租税教室を開催。広兼産業㈱の広兼さん(佐伯商工会副会長)が講師を務め、生徒さんに「税金はみんなが安全で豊な暮らしを送るために、みんなの身近なところ使われているのだとゆうことを覚えておいてください。そして、無駄使いがないかどうか税金の使われかたにも、目を向けておいてください」と納税の大切さについて説明しました。

玖島小学校で租税教室を開催

2014年1月22日佐伯商工会トピックス

20140122_113330[1]

平成26年1月22日(水)佐伯商工会管内の玖島小学校の6年生を対象に、税金についての働きを理解してもらうための租税教室を開催。(有)津田交通の鈴木さんが講師を務め、子供達に、税金はみんなが安全・安心・豊かな暮らしをするためにどうしても必要なものなのですが、なぜ必要なのか、その役割や使い道などについて説明をしました。

川下たたみ店

2014年1月21日佐伯商工会事業所紹介

住  所 広島県廿日市市永原608
電話番号 0829-74-0311
20140121_135034[1]
川下たたみ店で作成された『背負子(しょいこ)』の模型です。15㎝×15㎝のたたみの上に飾っています。販売も考えておられるそうなので、御所望の方は、事業所または佐伯商工会までお問い合わせください。

経営革新塾開催のお知らせ

2014年1月16日佐伯商工会トピックス

佐伯商工会では、毎年、大野町商工会と宮島町商工会の3商工会合同の経営革新塾を開催しています
今年は、4年前に大野町商工会が開催し大好評だった販売促進実践塾を再開催します
講師には経営コンサルタントの綿貫有二氏を招いて2月11日(祝)に濃い内容で開催します
定員は30名ですので受講を希望される方はお早めにお申し込みください

チラシ チラシ2

今年も労働保険講習会を開催します!

2014年1月14日佐伯商工会トピックス

来る2月7日(金)19時から労働保険の講習会を開催します

従業員を雇ったら、万一労災事故が起きたら

従業員を雇用する事業主ならば知っておかなくてはならない労働保険について

今回は、主に手続きに焦点を当てて開催します

講師は、お馴染みの岡本典親社会保険労務士を招いて開催しますので、是非ご参加ください

開催案内

 

« PREV1 ... 7 8 9 10 11 NEXT »


PAGE TOP